1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 政府、羽田~川崎連絡橋を整備へ 国家戦略特区の指定契機

政府、羽田~川崎連絡橋を整備へ 国家戦略特区の指定契機

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2014年5月25日(日) 14:09


羽田空港(手前)から多摩川を挟み広がる川崎市の臨海部(川崎市提供)
羽田空港(手前)から多摩川を挟み広がる川崎市の臨海部(川崎市提供)

 政府が羽田空港と多摩川対岸の川崎方面を直結する連絡橋を建設する方針を固めたことが24日、分かった。羽田の国際化進展をにらみ、2020年の東京五輪開催までの供用開始を目指す。安倍政権の成長戦略の一環として、東京都9区と県内全域などが「国家戦略特区」に広域指定されたことも受け、羽田を玄関口とした国際ビジネス環境を整える。

 菅義偉官房長官(衆院神奈川2区)が24日、神奈川新聞社の単独取材に明らかにした。

 羽田から多摩川を越える連絡道路構想は、羽田の再拡張・国際化に伴って浮上した。京浜臨海部の再活…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

羽田連絡道路に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング