1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 搬送翌日女性の自宅訪れ手握る、横浜市の消防士長「好意抱いた」

搬送翌日女性の自宅訪れ手握る、横浜市の消防士長「好意抱いた」

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2014年5月3日(土) 03:00

横浜市消防局で救急隊員を務める男性消防士長(40)が、救急搬送した女性宅を翌日に訪問し、手を握るなどしていたことが2日、分かった。同局が事情を聴いたところ、消防士長は「好意を抱いた」と話しているという。市は消防士長を処分する方針。

同局によると、4月10日午後7時ごろ、女性から体調不良を訴える119番通報があり、消防士長らが出動し、女性を病院に搬送した。消防士長は翌日に女性を訪ね、「体の具合はいかがですか」と言って女性宅に入り、数十分間、手を握るなどしたという。この日は非番で私服姿だった。

数日後、女性から「何を目的に自宅に来たのか分からない」と消防署に相談があり、事案が発覚した。

消防士長は自宅で謹慎しているという。同局は「業務で知り得た個人情報を私的な目的で使用しており、あってはならない。事実関係を詳しく調査し、厳正に対処する」としている。

【神奈川新聞】

個人情報に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング