1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 拉致、アベノミクス、憲法… 課題山積、当事者らどう評す

安倍首相辞意表明
拉致、アベノミクス、憲法… 課題山積、当事者らどう評す

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年8月28日(金) 23:00

安倍首相辞意表明を報じた号外を受け取る男性=28日午後7時ごろ、JR桜木町駅前
安倍首相辞意表明を報じた号外を受け取る男性=28日午後7時ごろ、JR桜木町駅前

 拉致問題、アベノミクス、憲法改正─。安倍晋三首相は28日、政権の旗印とした重要課題を抱えたまま退陣を表明した。それぞれの“当事者”は道半ばでの幕切れを惜しむ一方、極まった保守路線を批判。7年8カ月の歴代最長政権に対する評価は割れた。

「解決してほしかった」「驚いた」

 「解決できなかったのは痛恨の極み」。首相がそう悔しさをにじませた北朝鮮拉致問題。横田めぐみさん=失踪当時(13)=の母、早紀江さん(84)=川崎市川崎区=の自宅マンションの住民でつくる支援団体「あさがおの会」の田島忠代表(78)は「力を持っている政治家で、拉致解決への熱意も感じられただけに、在任中に解決してほしかった」と残念がった。

 めぐみさんが失踪してから40年余。被害者家族の高齢化は進み、6月には父滋さん(87)もこの世を去った。

 田島さんは「(拉致被害者が)高齢の家族との再会を果たすためには、何年も待っている時間はない」と強調。「次の首相も変わらず、拉致問題に継続的に取り組んでもらいたい」と注文を付けた。

 めぐみさんの弟拓也さん(52)も「突然で驚いた。次の首相になる方も積極的にこの問題に当たってほしい」とのコメントを発表した。

庶民の評価「真っ二つ」

 横浜市南区で喫茶店を営む男性(50)は「大企業を優遇し、中小企業に厳しい政策を打っていた」と安倍政権の経済政策を振り返る。法人税率を引き下げ、消費税を2度にわたり引き上げた点などだ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

安倍政治に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング