1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 川崎市が東電と和解 東電が市に和解金約3千万円支払いへ

川崎市が東電と和解 東電が市に和解金約3千万円支払いへ

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年8月25日(火) 21:22

川崎市役所
川崎市役所

 東京電力福島第1原発事故による損害賠償の一部を巡り、川崎市と東京電力が合意に至っていなかった問題で、同社が市に和解金3040万円を支払うことで合意したことが25日、分かった。市は9月1日に開会する市議会定例会に関連議案を提出。市議会で可決され次第、和解手続きに入るという。

 市によると、事故で市が2014年度までに要した放射性物質対策費は約40億円。協議の結果、うち約36億5千万円が同社から支払われた。一方で残りの約3億5千万円のうち、空間放射線量検査や多摩川河川敷の除染に要した費用など計約4580万円の支払いを同社が拒否したため、市は18年12月、原子力損害賠償紛争解決センターに裁判外紛争解決手続き(ADR)を申し立て、3040万円が認められた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

福島第1原発事故に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング