1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 大山観光英語でガイド 「地域通訳案内士」県内初導入

大山観光英語でガイド 「地域通訳案内士」県内初導入

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年8月7日(金) 05:00

伊勢原市 コロナ収束後見据え
インバウンドに対応


毎年多くの観光客が訪れる大山阿夫利神社下社=伊勢原市大山
毎年多くの観光客が訪れる大山阿夫利神社下社=伊勢原市大山

 伊勢原市は、特定の地域に限って外国人観光客の有償ガイドが可能となる「地域通訳案内士」の制度を、大山地域を対象に導入することを決めた。2018年1月の通訳案内士法改正に伴い創設された制度で、県内初の試み。新型コロナウイルス感染症収束後のインバウンド(訪日外国人客)需要を見据え、本年度に育成し来年度からの稼働を目指す。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

インバウンドに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング