1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 「結いの党」を旗揚げ、野党結集へ 江田氏「再編なければ辞職」

「結いの党」を旗揚げ、野党結集へ 江田氏「再編なければ辞職」

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2013年12月18日(水) 23:16

新党「結いの党」を旗揚げし、会見する江田憲司代表=東京都千代田区
新党「結いの党」を旗揚げし、会見する江田憲司代表=東京都千代田区

みんなの党に離党届を提出していた江田憲司衆院議員(8区)ら14人と、無所属の柿沢未途衆院議員の計15人は18日、都内のホテルで新党設立総会を開き、「結いの党」を旗揚げした。代表に江田氏、幹事長に小野次郎参院議員、政調会長に柿沢氏が就任。党の発展的解消も辞さずに野党勢力の結集を目指すとする方針を綱領に盛り込んだ。江田代表は会見で「触媒政党として野党再編を進める。次の総選挙までに再編が起きなかったら議員を辞したい」と述べた。

同党は年明けから他党との政策協議に本格的に着手する方針。江田代表は「日本維新の会とは10項目にわたる基本政策合意があり、そんなに時間はかからずに理念の一致ができる。民主党などとも分け隔てなく協議を進める」と説明。「一強多弱の政治状況を打破しなければならない」と述べた。

党を構成するのは衆院議員9人、参院議員6人。県内からはともに衆院議員の青柳陽一郎氏(比例南関東)、椎名毅氏(同)が参加した。

青柳氏は「(再編進展で)来年は結いの党がなくなるよう活動したい。地方議員の意見も入れて運営する」、椎名氏は「党外の若手と積極的につながりをつくる」と話した。

一方、みんなの党は同日の役員会で「党への誹謗(ひぼう)中傷や信頼破壊」などを理由に、江田氏の除籍処分を正式に決めた。党倫理委員会は、江田氏とともに離党届を出した比例代表選出の13議員に対しても、辞職を勧告すべきとする意見書をつけた。

渡辺喜美代表は同日の両院議員総会で「『何をやるか』を大切にしてきた原点を思い起こしていく」と述べ、所属議員に結束を呼び掛けた。

同党は、比例選出議員13人の会派離脱を認めない方針を変えていない。国会活動は会派単位で行われるため、来年1月から始まる通常国会での活動に影響が生じる可能性がある。

江田氏は会見で「憲法上、国会議員は国民の代表。必要以上に縛るのは理解できない。国会で政策を論争できる場を与えてほしい」と、会派離脱の容認をあらためて求めた。

【】

日本維新の会に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング