1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 子どもの意見を町政に、自治基本条例案提案/真鶴町

子どもの意見を町政に、自治基本条例案提案/真鶴町

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2013年12月12日(木) 22:22

真鶴町は12日、子どもたちの意見を町政に反映させる条項などを盛り込んだ町自治基本条例案を、同日開会の同町議会12月定例会に提案した。同条例に基づく住民投票の手続きなどを定める町住民投票条例案も合わせて提案した。

自治基本条例案には、町民の役割をはじめ、町や町議会の責務を明記。住民参加でまちづくりを進めることを原則としてうたい、子どもを含む町民の意見を町政に反映させるための条項や、総合的に諮問を受けるための審議会を置くことなども盛り込んでいる。

また、町長が町民や議会の請求などに基づいて実施する住民投票を制度化。年齢条件として18歳以上に投票権を認めた住民投票条例案で、具体的な規定を明示している。

子どもたちの意見を尊重することについて、町担当者は「町民は大人だけではない。子どもたちが意見を述べる場は日頃あまりなく、そうした機会をつくっていく根拠を盛り込もうという考え方だ」と話した。

同町の自治基本条例案をめぐっては、2009年から町民らでつくる委員会が検討を続けており、昨年4月の提案に沿って条例案化された。

【】

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング