1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 中国発アプリ、利用制限提言へ 自民党ルール形成戦略議連

中国発アプリ、利用制限提言へ 自民党ルール形成戦略議連

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年7月29日(水) 05:00

議連の会合後、取材に応じる自民党の甘利氏(中央)と中山氏(右)=28日午後、衆院第1議員会館
議連の会合後、取材に応じる自民党の甘利氏(中央)と中山氏(右)=28日午後、衆院第1議員会館

 普及が進む中国発のアプリに対し、安全保障などの観点から懸念があるとして、自民党の「ルール形成戦略議連」は28日、政府に利用制限を提言する方針を明らかにした。若者に人気の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」などが念頭にある。

 国会内で開いた会合後、議連の甘利明会長(衆院13区)が記者団の取材に語った。甘利氏は「IoT(モノのインターネット)に関する機器が国際的に普及する中、安全保障にどう影響を与えるかといった広範な見方で、機器やソフトを見なければならない時代に入った」と指摘した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

こちらもおすすめ

アプリに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング