1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 海の家「クラブ化」問題、県が対応強化へ、規制は検討/神奈川

海の家「クラブ化」問題、県が対応強化へ、規制は検討/神奈川

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2013年12月5日(木) 09:41

海の家が「クラブ化」し騒音や風紀の乱れが生じている問題をめぐり、県は4日、音楽イベントを繰り広げる海の家への対応を来夏から強化する方針を明らかにした。来年1月に新たなガイドラインを策定し、海水浴場組合に対し順守を求める。一方、砂浜での音楽や飲酒に関する規制については、慎重に検討する考えを示した。

海の家のクラブ化をめぐっては、県はことし5月にガイドラインを作成。ダンスイベントなどクラブ形態による営業を行わないようルール策定と順守を求めたものの、各海水浴場組合で対応に差が出ていた。

来年1月に新たに作成するガイドラインでは、クラブ化や騒音対策などに関する項目を見直し、あらためて順守するよう求める。また、音楽イベントを予定している海の家に対しては、新たに事前に計画の提出を求め、ルールを守るよう確認するなどして対応を強化する方針だ。

一方、海水浴場全体の風紀対策については、有識者や市民らで構成する検討会を来年3月までに設置し、2015年夏に向けて対応を検討する。法律や音楽などの専門家、地元市民、地元自治体、海水浴場組合をメンバーに議論を重ね、県は検討会の結論を踏まえて対応を決めるという。

4日開かれた県議会本会議で、自民党の木村謙蔵氏(三浦市)の代表質問に黒岩祐治知事が答えた。

【】

海水浴に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング