1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 政府、封じ込めに二の足 「新たな日常」発信に腐心

新型コロナ
政府、封じ込めに二の足 「新たな日常」発信に腐心

政治・行政 | 共同通信 | 2020年7月24日(金) 20:36

 新型コロナウイルスの感染が全国的に再拡大する中、政府は封じ込めの徹底に二の足を踏んでいる。あくまでも経済再生との両立にこだわり、ウイルスと共存する「新たな日常」の浸透に向けた情報発信に腐心する。ただ地方自治体や医師会には感染抑止の優先を求める声が多く、危機意識のずれは明白だ。


責任回避

 「高齢者施設の検査能力を強化し、感染防止に万全を期す」。安倍晋三首相は24日、こう強調して足早に官邸を去った。記者団の取材に応じたのはわずか2分弱だった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型肺炎に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング