1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 市役所の窓口業務を民間委託 年間285万円経費節減へ/南足柄

市役所の窓口業務を民間委託 年間285万円経費節減へ/南足柄

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2013年10月1日(火) 22:45

南足柄市は1日、財政再建の一環として市役所本庁舎で窓口業務の一部を民間委託する取り組みをスタートさせた。導入当初は一時的に約875万円の経費が膨らむものの、2014年4月以降は年間約285万5千円の経費節減が見込めるという。

業務委託を導入したのは、市民課の戸籍住民窓口。各種証明書の発行や戸籍、住民異動届などを扱う窓口で、これまでは市職員2人とアルバイト4人の計6人で対応、年間約3千万円の人件費を要していた。

市は4月に業者を募集し、応募があった3社のうち、海老名市や東京都渋谷区などで実績がある情報サービス業「富士ゼロックスシステムサービス」(東京都)を選定。委託料は年間約2747万円(本年度は約1373万円)で、3週間ほどの研修を積んだ同社スタッフ11人が対応する。経費節減に加え、スタッフ増員による待ち時間の短縮といったサービス向上も期待できるとしている。

同課は「専門的な知識がある会社なので、質の高いサービスを提供してもらえる」と期待。同社は「これまで積んできた経験や知識を業務に生かしたい」と話していた。

【】

財政再建に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング