1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 鎌倉市長選:弁護士の石田氏が無所属で立候補へ 現職に続き2人目

鎌倉市長選:弁護士の石田氏が無所属で立候補へ 現職に続き2人目

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2013年9月24日(火) 23:02

任期満了に伴う鎌倉市長選(10月20日告示、27日投開票)で、弁護士の石田智嗣氏(51)が24日、鎌倉市役所で記者会見し、無所属で立候補する意向を表明した。同選挙への出馬表明は、現職の松尾崇市長に続き2人目。

石田氏は「現市長には長期ビジョンがない」などと出馬の動機を説明。公約として(1)高齢化を踏まえ市立病院の建設(2)自律心のある子どもの教育(3)市長、市議、市職員の人件費を10%以上減-などを掲げた。

市が方針を示している家庭ごみの戸別収集については費用と美観の面から反対を明言。世界遺産登録に関しても「住みよいまちづくりが先。登録は次世代の知恵に委ねたい」と予算化しない考えを示した。

石田氏は1981年県立湘南高校卒、87年早稲田大学政経学部卒。現在、横浜弁護士会に所属している。

【】

神奈川県弁護士会(旧称・横浜弁護士会)に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング