1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. パートナー制度導入、初日は男性カップル1組 川崎市

パートナー制度導入、初日は男性カップル1組 川崎市

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年7月2日(木) 05:00

市から交付された「パートナーシップ宣誓書受領証」を手に持つ男性カップル=川崎市役所
市から交付された「パートナーシップ宣誓書受領証」を手に持つ男性カップル=川崎市役所

 性的少数者(LGBTなど)のカップルをパートナーとして公的に認めるパートナーシップ宣誓制度が1日、川崎市で導入され、初日は男性カップル1組が市から受領証を交付された。会見した2人は「今後、予想し得ない不自由が少しでも少なくなれば」と制度の効果に期待を寄せた。

 2人は同市川崎区に住む20代と30代。同じ都内の運輸会社に勤め、2015年11月に職場で知り合った。初めは互いに尊敬する先輩、後輩の間柄だったが、いつしか大切な「相棒」に。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

こちらもおすすめ

LGBTに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング