1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 横浜市長2699万円、39都府県知事の最多は黒岩氏

所得公開
横浜市長2699万円、39都府県知事の最多は黒岩氏

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年6月30日(火) 15:40

 県内関係の国会議員や知事、市町村長、県議、政令市議の2019年分の所得報告書が30日までに公開された。昨年1年間を通して在職した首長や議員が原則、対象。神奈川新聞社の集計で、対象の32市町村長の平均所得は1588万円で、前年を12万円下回った。

知事・市町村長

 黒岩祐治知事の総額は、前年比3万円減の2792万円。年金や講演料などの雑所得は増えたが、給与所得が10万円減った。対象の39都府県知事の中で最多だった。

 32市町村長でトップは林文子横浜市長(2699万円)。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

所得に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング