1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 6月末で4割給付 特別定額給付金、横浜市が見通し

新型コロナ
6月末で4割給付 特別定額給付金、横浜市が見通し

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年6月30日(火) 05:00

横浜市役所
横浜市役所

 新型コロナウイルス対策として国民1人10万円を配る「特別定額給付金」について、横浜市は29日、対象約182万世帯のうち、6月末時点で、4割の給付を終える見通しを明らかにした。

 同日に開かれた市会市民・文化観光・消防委員会で、市は23日時点での申請や給付状況を公表した。

 市によると、申請はオンライン、郵送を合わせて計約131万8千件を受け付けた(申請率は72%)。オンラインは5月28日から、郵送は6月9日から、それぞれ振り込みを開始し、23日時点で約31万4千件に給付。30日には約73万8件に給付できる見込み。

 5月18日に開設した専用のコールセンターの問い合わせ状況についても報告された。ピーク時の6月上旬には市民から1日約4千件の問い合わせがあった。現在も約3千件が寄せられており、「いつ振り込まれるのか」といった内容が大半という。これに市は「書類に記載漏れなどがなければ(申請から)3~4週間」と回答している。

新型コロナに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング