1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 横浜市、認可外保育施設に支援金 方針転換、最大30万円

横浜市、認可外保育施設に支援金 方針転換、最大30万円

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年6月29日(月) 05:00

 横浜市は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため利用者に登園自粛を求め、保育料を返還した認可外保育施設に、最大30万円の支援金を支給する。関係団体は利用者からの収入がなければ経営危機に直面する認可外への財政支援を求めたが、市は当初、難色を示していた。関係団体は市の方針転換を「一歩前進」と評する一方、金額の少なさにさらなる支援を求めている。

認可外保育施設に支援金 県と市町村、最大20万円

 対象は4月から6月末までに登園自粛を呼び掛け、利用者に保育料を返還した認可外。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

保育園に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング