1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. コロナ影響「評価できず」 横浜市長、経済効果明言避ける

IR考
コロナ影響「評価できず」 横浜市長、経済効果明言避ける

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年6月27日(土) 05:00

横浜市の林文子市長(資料写真)
横浜市の林文子市長(資料写真)

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致を巡り、横浜市の林文子市長は26日に開かれた市会第2回定例会の本会議で、新型コロナウイルス感染症のIR事業者への影響について「評価できる状況ではない」とする一方、誘致による経済効果などは今後、公募の事業者と作成する区域整備計画の中で明らかにするとして明言を避けた。

横浜IR誘致、7割が「民意問うべき」 本紙市民意向調査

 草間剛氏(自民党・無所属の会)が、新型コロナウイルスがIR誘致に与える影響について尋ねた。

 平原敏英副市長は「厳しい状況下でも、多くの事業者が投資の意思を引き続き表明している。今後も多くの事業者に参加いただける環境をしっかりと整える」と答弁。感染収束後に目指すIRの姿を問われ、「感染症や災害など、不測の事態に対する実効性のある計画を区域整備計画に盛り込む」と説明した。

 福地茂氏(同)は市長自ら全区を回るとしていた市民説明会の開催を延期の後に断念した6区について、説明動画を配信することを決めた理由を質問。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

カジノ・リゾート施設(IR)に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング