1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 専門家会議廃止「寝耳に水」 情報発信主導、官邸の焦りか

新型コロナ
専門家会議廃止「寝耳に水」 情報発信主導、官邸の焦りか

政治・行政 | 共同通信 | 2020年6月26日(金) 21:09

 政府は、積極的に提言を出して新型コロナウイルス対策に大きな役割を果たした専門家会議を廃止し、新たな組織に衣替えすると発表した。廃止について会議関係者は「寝耳に水だった」と口をそろえており、「感染防止と社会経済活動の両立」に向けた情報発信で主導権を握りたい首相官邸の焦りも見え隠れする。


後手後手


記者会見する新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の(手前から)尾身茂副座長、脇田隆字座長ら=24日、東京・内幸町の日本記者クラブ(共同)
記者会見する新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の(手前から)尾身茂副座長、脇田隆字座長ら=24日、東京・内幸町の日本記者クラブ(共同)

 「あたかも専門家会議が政策を決定しているような印象を与えた」。24日、都内で開かれた専門家会議の記者会見。会議座長を務める脇田隆字・国立感染症研究所長はこう述べて、流行の第2波に備えて政府と専門家の役割明確化を求めた。

 会議が最初の提言を発表したのは、横浜のクルーズ船の対応が落ち着き、どこで感染したのか分からない患者が目立ち始めた2月24日。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型肺炎に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング