1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 市政検証(中)IC開業、活性化に生かせるか

2020綾瀬市長選
市政検証(中)IC開業、活性化に生かせるか

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年6月24日(水) 14:00

開業まで1年余りとなった東名高速道路綾瀬スマートICの整備現場
開業まで1年余りとなった東名高速道路綾瀬スマートICの整備現場

 鉄道駅がない綾瀬市で「地域振興の起爆剤」として期待を集めるのが、同市小園地区に整備中の東名高速道路綾瀬スマートインターチェンジ(IC、仮称)だ。中日本高速道路、県、市が事業主体となり、2013年度に着工した。

市政検証(上)人口減対策 総合戦略、改善限界も

 整備地内の工場移転の遅れや、その跡地で判明した土壌汚染の対応に時間を要したこともあり、開業予定は2度にわたって延期。当初から約3年半遅れたが、21年夏に供用を開始する運びとなった。

 開業を見越し、市は15~19年の5カ年計画で総合戦略を策定。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

こちらもおすすめ

綾瀬市長選に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング