1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 海水浴場中止、海岸環境保全へ対策協議会設立 三浦

海水浴場中止、海岸環境保全へ対策協議会設立 三浦

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年6月19日(金) 05:00

 新型コロナウイルスの影響で三浦市内5カ所の海水浴場が開設を中止したことを受け、夏の海岸の防犯や環境を保全するために市特定海岸対策協議会が15日、設立された。

 県や市、三崎署、海水浴場組合など計15機関で構成し、ウイルス感染防止対策のほか、▽水難事故▽迷惑行為▽ビーチスポーツ・マリンスポーツとの接触事故▽ごみや騒音などによる環境悪化─などの防止活動に取り組む。

 例年、市内の海水浴場ではライフセーバーが常駐し、海の家の事業者が気象状況を見ながら遊泳禁止を呼び掛けている。今年は例年のような安全対策を取れないため、遊泳自粛を呼び掛けることも検討する。具体的な要請内容を協議会で今後詰め、7月から啓発などの活動開始を目指す。

防犯に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング