1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 首都圏連携推進を 日本維新の会県総支部代表・松沢成文氏

新型コロナ 県内議員に聞く(8)
首都圏連携推進を 日本維新の会県総支部代表・松沢成文氏

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年6月16日(火) 15:00

日本維新の会県総支部代表の松沢成文氏
日本維新の会県総支部代表の松沢成文氏

 ─知事経験者として国と地方の対応をどう見るか。

 「国による緊急事態宣言の発令で、知事は休業要請などの方針を決めることになった。それなら地方に任せなければいけないのに、国は口出しを始めた。象徴的なのは、休業要請の対象業種を巡る国と東京都のやりとりだ。国と地方の役割分担について、あらためて議論しないといけない。休業要請に応じた事業者への協力金に格差が生じた問題もあった。自治体間の広域連携の推進が必要だ。特に首都圏は経済圏が一体であり、1都3県は常に調整や協力体制が取れる仕組みをつくっておくべきだ」

 ─自治体の財政が悪化している。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング