1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. パートナーシップ宣誓制度、川崎市が7月1日導入へ

パートナーシップ宣誓制度、川崎市が7月1日導入へ

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年6月16日(火) 05:00

川崎市役所
川崎市役所

 川崎市は15日、性的少数者(LGBTなど)のカップルをパートナーとして公的に認めるパートナーシップ宣誓制度を7月1日から導入する、と発表した。今月16日から宣誓日の予約を受け付ける。法律婚や事実婚に限られていた市営住宅への入居が可能になるほか、携帯電話の家族割引など民間のサービスも利用できる可能性がある。市は「パートナーとして共に生活したいカップルの気持ちを受け止めたい」としている。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

LGBTに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング