1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 葉山町、中3には端末先行導入 町外通学者に定期代補助も

新型コロナ
葉山町、中3には端末先行導入 町外通学者に定期代補助も

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年6月13日(土) 15:00

葉山町役場
葉山町役場

 新型コロナウイルスの影響が長引く中、葉山町は町立小中学生の自宅学習環境を充実させるため、児童生徒全員分のタブレット端末、約2600台を2020年度中に購入する。

 特集・記事とグラフ 新型コロナ、神奈川の感染状況

 高校受験を控える中学3年生(約230人)には、9月末を目指して先行導入する。端末で高校入試の過去問題なども取り組めるようにするほか、授業での活用も検討する。

 また町外の学校に通う学生を支援するため20年度の定期代を補助する。対象は1900人を見込み、年間定期代の2分の1(上限1万5千円)を支給する。

 山梨崇仁町長は12日の会見で「困難な時でも学び続けることを町として支えていく」と述べた。町は同日、町議会第2回定例会に、端末購入費(約1500万円)、通学補助費(約2900万円)を盛り込んだ一般会計補正予算案を追加提案した。

新型肺炎に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング