1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 積極支援で救済を 国民民主県連代表代行 後藤祐一氏

新型コロナ 県内議員に聞く(4)
積極支援で救済を 国民民主県連代表代行 後藤祐一氏

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年6月11日(木) 09:22

国民民主 県連代表代行 後藤祐一氏
国民民主 県連代表代行 後藤祐一氏

 ─党政調会長代行として、経済対策への評価は。

 「遅い、少ない上に手続きが難しく、漏れがある。2次補正予算案はすべて1次補正でやるべき内容だ」

 ─具体的には。

 「医療提供体制の整備などに幅広く使える緊急包括支援交付金は約2兆円に増額されたが、1次補正での計上額は1500億円程度。医療現場が財政面での不安を抱えないよう、自治体の裁量に任せてもっと積極的に支援すべきだ。全国民への10万円給付は党で3月に提案しており、実現したことは評価したいが、支給が遅い点は改善が必要だ」

 ─事業者への支援は。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型肺炎に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング