1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 遅い通勤は「快適」7割 ラッシュ緩和へ 川崎市職員が調査

遅い通勤は「快適」7割 ラッシュ緩和へ 川崎市職員が調査

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2018年10月15日(月) 12:33

川崎市役所
川崎市役所

 川崎市は、通勤ラッシュの緩和につなげようと7月から1カ月間実施した職員の時差通勤の取り組み結果をまとめた。通常の勤務時間より、遅い時間の勤務を選んだ職員の約7割が「電車内がすいている」と実感。一方で、全体の6割強が定時より早い時間帯の勤務を選択していた。市は、ピーク時以外の混雑率を周知するなどし、より多くの職員が混雑時間帯を避けて通勤できるよう取り組みを進める方針。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

JR南武線に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング