1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 中井町の魅力を体感 誕生110年を1万人が祝う

中井町の魅力を体感 誕生110年を1万人が祝う

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2018年10月15日(月) 12:27

中井の魅力を発信したフェスティバル=星槎中井スタジアム
中井の魅力を発信したフェスティバル=星槎中井スタジアム

 中井町の魅力を体感できる秋の恒例イベント「美・緑なかいフェスティバル」が14日、中井中央公園(同町比奈窪)で開かれた。20回目となった今年は「なかい誕生110年」も記念し、規模を拡大。町を挙げて来場者をもてなした。

 今年は中村と井ノ口村が1908(明治41)年に合併し、中井村が誕生してから110年、町制施行からは60年の節目に当たる。

 フェスティバルは町最大のイベントで、例年、町の人口(約9500人)を上回る1万人以上が訪れるという。メイン会場の星槎中井スタジアムを中心に、町内外の企業・団体による約150以上のブースがずらりと並んだ。

 町のブランド「なかいの逸品、太鼓判!」認定の特産品や農産物、飲食や手工芸品の販売をはじめ、ダンスや吹奏楽など地元文化団体のステージ発表もあり、大勢の来場者が楽しんでいた。

 活性化の一環として町が中央公園内に設置した「ピザ釜」では、町商工振興会が地元産野菜を具材にしたピザを販売、行列のできる人気ぶりだった。同振興会スタッフは「周知はこれからだが活性化に活用していきたい」と意気込んでいた。

地域活性化に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング