1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 海保の特救隊員新たに5人誕生

海保の特救隊員新たに5人誕生

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2016年11月3日(木) 02:00

修了書を受け取る特殊救難隊の新人隊員=横浜海上防災基地
修了書を受け取る特殊救難隊の新人隊員=横浜海上防災基地

 海難救助のエキスパートとして活躍する第3管区海上保安本部(横浜)の特殊救難隊新人隊員の業務研修修了式が2日、横浜市中区の横浜海上防災基地で行われた。全国から選抜され、7カ月の過酷な訓練をくぐり抜けた5人に隊員の証し「オレンジベレー帽」が貸与された。

 修了書を手渡した宮野直昭本部長は「一番大切な能力は強靱(きょうじん)な肉体でも精神力でもなく、危険予知能力だ。この能力が将来、大きな宝になることは間違いない。これからの数年は男の磨き時、人間の磨き時だ」と訓示。

 修了生代表の米山将平隊員(26)は「救助を求めている人に背を向けずに、必ず救助するという決意の大切さを学んだ。全力で業務を遂行したい」と真剣な面持ちであいさつした。

 特殊救難隊は海上保安庁の中で3管本部羽田特殊救難基地のみに置かれ、全国の海域で発生する事故に24時間体制で対応する。

第3管区海上保安本部に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング