1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 海水浴場断念でも、飲酒は禁止へ 鎌倉、逗子市条例改正へ

新型コロナ
海水浴場断念でも、飲酒は禁止へ 鎌倉、逗子市条例改正へ

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年6月2日(火) 20:14

1日に開かれた会合で海水浴場の開設断念を報告する桐ケ谷市長=逗子市役所
1日に開かれた会合で海水浴場の開設断念を報告する桐ケ谷市長=逗子市役所

 新型コロナウイルスの影響で今夏の海水浴場開設を断念した逗子市の桐ケ谷覚市長は2日、海水浴場のマナー条例を今夏の海岸にも適用するため、条例改正案を9日開会の市議会に提出する考えを示した。市長は「多くの人出が予想される中、夏の海岸の安全を守るルールがなければ、市民の不安は解消されない」と条例改正の必要性を強調した。同様の条例がある鎌倉市も、夏に向けて改正の準備を進めている。

 特集・記事とグラフ 新型コロナ、神奈川の感染状況


多くの人でにぎわう昨夏の逗子海水浴場=2019年8月
多くの人でにぎわう昨夏の逗子海水浴場=2019年8月

 逗子市は2014年から、海水浴場開設中に砂浜での飲酒やバーベキューなどを禁止する改正条例を施行。家族連れが安全に楽しめるビーチをうたってきたが、今夏は開設中止で条例が適用されないため、新たなルール作りが急務となっている。

 現行の条例と同様に砂浜での飲酒などを禁止する方向で検討し、海水浴シーズンが本格化する7月中旬の適用を目指している。警備員やライフセーバーも配置する方向という。

 また、鎌倉市の松尾崇市長も10日開会の市議会にマナー条例の改正案を提案する方針で、今夏の砂浜での飲酒などを禁止する方向で調整している。

海水浴場に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング