1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 山北の魅力、伝えます 10月に移住促進ツアーを実施

山北の魅力、伝えます 10月に移住促進ツアーを実施

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2018年9月19日(水) 14:55

昨年度の「やまきたで暮らしてみようツアー」の様子(山北町提供)
昨年度の「やまきたで暮らしてみようツアー」の様子(山北町提供)

 山北町への移住や定住を促進するため、町などは10月14日、実際に移り住んだ町民と交流するイベントを催す。田舎暮らしに憧れる都市部の住民らに、町の魅力や暮らしぶりをじかに聞いてもらい、町内での生活を具体的にイメージしてもらうのが狙い。

 「やまきたで暮らしてみようツアー」は、民間事業者や町などでつくる実行委員会が主催する。

 当日は、大野山山頂近くに開いたばかりの牧場を訪問。移住した20~40代の町民4人に、町に引かれた理由や住んでみての感想を語ってもらう。

 地場産の野菜を使った食事を振る舞い、同じ日にJR御殿場線山北駅前で開かれる蒸気機関車がテーマのイベントにも参加する。町定住対策課は「町に少しでも興味を持つきっかけになれば」と期待している。

 定員は20人程度。参加費は中学生以上が1人4千円、4歳~小学生は1人3千円。午前9時に小田原駅(小田原市栄町)に集合し、午後3時半に山北町内で解散。10月4日までに、「みんなのキッチン」(NPO法人ロクマル)に申し込む。

 申し込み・問い合わせは、みんなのキッチン電話045(944)1714。

空き家に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング