1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 河野防衛相、米艦載機訓練に「余裕持って硫黄島で実施を」

河野防衛相、米艦載機訓練に「余裕持って硫黄島で実施を」

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年5月16日(土) 08:30

会見する河野防衛相=15日午前、防衛省
会見する河野防衛相=15日午前、防衛省

 河野太郎防衛相(衆院15区)は15日の会見で、実施期間が始まった米空母艦載機の陸上空母離着陸訓練(FCLP)について「しっかりと硫黄島で余裕を持った訓練スケジュールでやってもらうと、米側には話をしている」と説明した。

【連載】過密地の軍事基地~厚木基地物語

 横須賀基地に配備されている原子力空母ロナルド・レーガン艦載機のFCLPは、14日から6月10日までの間に硫黄島で実施予定。ただ、悪天候で予定通りに完了しない場合、厚木基地(大和、綾瀬市)や横田基地(東京都福生市など)などの代替施設を使用する可能性がある。県と厚木基地周辺9市の首長は、同基地で代替訓練を実施しないよう求めている。

 FCLPは鹿児島県西之表市の馬毛島が移転候補地となっており、政府は用地取得の手続きを進めている。河野氏は「なるべく早く安全なところに移転するようやっている」とも述べた。

こちらもおすすめ

在日米軍厚木基地に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング