1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 分身ロボット活用へ、県が連携協定 遠隔で受け付け業務も

分身ロボット活用へ、県が連携協定 遠隔で受け付け業務も

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年5月7日(木) 05:00

連携協定を締結した黒岩知事(右)と吉藤取締役=県庁
連携協定を締結した黒岩知事(右)と吉藤取締役=県庁

 県は、遠隔操作で動きや声を伝えることができる分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を展開する「オリィ研究所」と連携協定を結んだ。県は重度障害者2人を非常勤職員として採用予定で、オリヒメを介して自宅などから庁内の受け付け業務に当たる運用を目指している。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

こちらもおすすめ

ロボットに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング