1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 乳幼児健診 個別で再開 医療機関を選択、受診へ 大磯町

新型コロナ
乳幼児健診 個別で再開 医療機関を選択、受診へ 大磯町

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年5月2日(土) 11:00

大磯町役場
大磯町役場

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大磯町は1日、緊急事態宣言を受け休止している乳幼児健診を集団健診から個別健診に切り替えて再開するなど総額約9千万円の緊急対策を発表した。収入が減り生活が困窮する恐れがあるひとり親世帯などへの支援も盛り込んだ。

 個別健診に切り替えるのは4カ月、1歳6カ月、2歳、3歳の乳幼児健診。これまで町保健センターで集団健診を行ってきたが、密閉、密集、密接の「3密」に当たるとして休止状態が続いていた。

 町内外の医療機関を保護者が選択し、個別に受診できるようにすることで早期の乳幼児健診の再開を目指す。約500人の健診に約500万円を充てる方針。

 児童扶養手当を受給するひとり親世帯約150世帯に一律3万円を支給するほか、就学援助の対象となる小中学生のいる世帯には給食費相当の昼食費4200円を支給する。売り上げが落ち込む中小企業には事業所賃借料相当額として上限30万円を補助する。

新型コロナに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング