1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 横浜市営住宅、貸し出しへ 解雇で住居失った市民に

新型コロナ
横浜市営住宅、貸し出しへ 解雇で住居失った市民に

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年4月28日(火) 05:00

横浜市役所
横浜市役所

 横浜市は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で解雇され、住居も失った市民に、原則半年間、市営住宅を貸し出す。5月1日から申し込みを受け付ける。

 解雇で社宅や寮を退去、または大幅な収入減で家賃を払えなくなった市内在住、または在勤者(元勤務先を含む)が対象。九つの市営住宅の計50戸を、住宅ごとの最低家賃(1万7300~3万9200円)で提供する。

 賃貸期間は6カ月だが、状況に応じて最長1年まで延長可。光熱水費、共益費などは各自が負担する。問い合わせは、市市営住宅課電話045(671)2923。

新型肺炎に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング