1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 「ハマ弁」で横浜市教委が方向性決定 「給食」に位置づけ

「ハマ弁」で横浜市教委が方向性決定 「給食」に位置づけ

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年3月28日(土) 09:30

横浜市役所
横浜市役所

 横浜市教育委員会は27日、市立中学校の希望者向け配達弁当「ハマ弁」を学校給食法上の「給食」に位置づける、と発表した。ハマ弁事業者との協定が2020年度で切れることから、21年度からの給食化を視野に準備を進める。

 市教委はコストや調理スペースの観点から「デリバリー型以外での給食は実施困難」と判断。家庭弁当や業者弁当も選べる現行の選択制を維持しつつ、「給食」に位置づけることで、喫食率が低迷し続けているハマ弁の利用を促進する。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

ハマ弁に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング