1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 来月11月まで名称公募 南本牧ふ頭の臨港道路 

来月11月まで名称公募 南本牧ふ頭の臨港道路 

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2016年10月19日(水) 10:29

 横浜港南本牧ふ頭(横浜市中区)と首都高速湾岸線をつなぐ「南本牧ふ頭連絡臨港道路」(仮称、約2・5キロ)が2017年3月に開通する。整備を進める国土交通省は名称を公募しており、日本経済を支える臨港道路への理解を期待している。

 同ふ頭は国内最大水深のコンテナターミナルの整備が進んでいる。開通により南本牧ふ頭~本牧ふ頭間の輸送時間が5分(4割)短縮、南本牧ふ頭~首都高湾岸線は9分(7割)短縮し、輸送の効率化が期待されている。

 国交省関東地方整備局は「首都高横浜環状北線も同時期に開通することから、物流コストの削減で産業の国際競争力の強化につながる」と強調。その上で「一般道路の渋滞緩和も期待できる。名称公募を通じて、わが国の貿易は海運が担っており、臨港道路が市民の暮らしを支えていることを知ってほしい」とする。

 公募は11月6日まで。同局の専用ウェブサイトから申し込む。問い合わせは、同局京浜港湾事務所電話045(226)3765。

高速道路に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング