1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 水サーバー利用 感染拡大の影響で休止 鎌倉

新型コロナ
水サーバー利用 感染拡大の影響で休止 鎌倉

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年3月12日(木) 10:42

鎌倉市役所に設置されたウォーターサーバー。現在は利用を一時休止している=同市役所
鎌倉市役所に設置されたウォーターサーバー。現在は利用を一時休止している=同市役所

 鎌倉市は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、市役所に設置したウオーターサーバーの利用を休止している。

 市は、プラスチックごみ削減に向けてマイボトルの普及を進めようと、2月にウオーターサーバーを扱う事業者「ウォータースタンド」(さいたま市)と協定を締結。同社のサーバーを市内の公共施設や駅、文化施設などに最大50台設置する計画を進めている。

 しかし、2月に1台目として設置した市役所ロビーのサーバーは、感染拡大の影響で利用を休止し、再開時期のめども立っていない。また、市内の施設の多くが3月末まで臨時休館しているため、設置作業を進められないという。市ごみ減量対策課は「夏までには順次設置し、市民や観光客に向けてマイボトルの普及を発信していきたい」としている。

新型コロナに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング