1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 駅前が対象の「広場条例」素案を公表 藤沢市

駅前が対象の「広場条例」素案を公表 藤沢市

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年2月29日(土) 10:00

一新されたペデストリアンデッキ=藤沢駅北口
一新されたペデストリアンデッキ=藤沢駅北口

 藤沢市は28日、藤沢駅前北口周辺を対象とした広場条例の素案を公表した。道路から広場へ、道路法の規制がかかる駅前のペデストリアンデッキ(歩道橋)と歩行者専用道の位置付けを変更。交流、にぎわいの拠点として「藤沢・湘南の玄関口」の活性化につなげる。県内初の試みで、来年4月の施行を目指す。市議会常任委員会で報告した。

 道路として位置付けられるデッキと歩行者専用道の利用は、公益行事などに限定されている。同条例制定によって、まちのにぎわいづくりや交流を目的としたイベント、展示会、マルシェなど幅広い活用が可能になる。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

藤沢駅に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング