1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 地元待望の完成 南橋本駅前交番

地元待望の完成 南橋本駅前交番

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2018年4月5日(木) 02:00

完成した相模原署の南橋本駅前交番。右奥がJR南橋本駅=相模原市中央区南橋本1丁目
完成した相模原署の南橋本駅前交番。右奥がJR南橋本駅=相模原市中央区南橋本1丁目

 相模原署の南橋本駅前交番(相模原市中央区南橋本1丁目)が完成し、開所式が4日、近くの南橋本自治会館で行われた。地域の関係者ら約50人が出席した。

 同署管内で10番目の交番で、敷地面積約100平方メートル、鉄骨2階建て。災害時に備えた非常用電源としてソーラーシステムが設置された。これまで主に横山交番と、一部を相模原駅前交番が担当していた同区南橋本1~4丁目、清新3~8丁目、小町通1丁目、下九沢のエリアを受け持つ。

 若林靖司署長はあいさつで「相模原南署管内の麻溝公園前交番とともに、市内では純増となる交番」と説明。地元を代表して清新地区自治会連合会会長の田代明寛さんが「私たちの先輩が1979(昭和54)年に要望して以来の待ち望んでいた交番。きょうは大変喜ばしい日です」と期待感を示した。交番勤務員の一人が代表して「新築の交番同様、新たな気持ちで地域の方々のために働いていきます」と決意表明した。

治安に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング