1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 佐川氏証人喚問 県内の与野党議員「疑惑深まった」「あとは司法の場」

佐川氏証人喚問 県内の与野党議員「疑惑深まった」「あとは司法の場」

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2018年3月28日(水) 02:00

 「官邸関与の疑惑がさらに深まった」「あとは司法の場」-。佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問に対し、県内の与野党議員も、受け止めの隔たりは大きい。

 「あなたが改ざんに関与していると自白しているのと同じだ」。県内議員で唯一質問に立った衆院会派・無所属の会の江田憲司氏(衆院8区)は、佐川氏が改ざんへの自身の関与について「刑事訴追の恐れ」を盾に答弁を拒否する一方、安倍晋三首相や昭恵首相夫人、麻生太郎財務相らの指示を否定した点を問題視。

 「改ざんは密室でやるもの。どこからも圧力がないと断言できるのは、改ざんに関与している時だけだ」と追及した。佐川氏の一連の態度を「断言、言い切り答弁」とも批判、「理財局限りでやったという答弁は全く信じられない」と締めくくった。江田氏は質問後の取材に「今日の狙いは証言の信ぴょう性を疑わせること。解明はこれからだ」と力を込めた。

 「とにかく政治家が関与していないと言わんがための証人喚問」と印象を語ったのは、立憲民主党の阿部知子氏(衆院12区)。社民党の福島瑞穂副党首(参院比例)も「上をかばい、下に押しつけた。今日で疑惑は深まり、昭恵夫人の証人喚問は必須」と訴える。希望の党の後藤祐一氏(衆院比例南関東)は「特別委員会などを設けてじっくりやることも必要」と語った。

 一方、政府・与党側は野党が主張する疑惑を否定。官邸側からの指示を否定した佐川氏の発言に、菅義偉官房長官(衆院2区)は会見で「(官邸側は)何もしていないから、なかったということだ」と説明した。自民党議員からは「あとは司法の場で解明すべきだろう」との声も漏れる。

 委員席でノート15ページにわたりメモを続けた公明党の三浦信祐氏(参院神奈川選挙区)は、「総理や官邸の圧力はないと明確に言った。証人喚問の場での発言は重い」と強調。真相解明には「大阪地検の捜査や財務省の調査をしっかりやってもらうことが大切。予断や推測を持って語るべきものではない」と述べた。

森友文書改ざんに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング