1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 「道の駅」整備費減額修正案を可決 南足柄市議会

「道の駅」整備費減額修正案を可決 南足柄市議会

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2018年3月24日(土) 02:00

 南足柄市議会3月定例会は23日の本会議で、2018年度一般会計当初予算案のうち、「道の駅 金太郎のふる里(仮称)」整備事業費を減額する修正案を賛成多数で可決し閉会した。修正後の一般会計の総額は137億円。

 減額されたのは、約2400万円のうち、主に建設予定地の造成工事の費用約2千万円。予算特別委員会は「行財政改革を断行する必要がある中、ハード事業を一時凍結し、市長に再検討を促す必要がある」と説明。また開成町と企業誘致などに取り組む「足柄産業集積ビレッジ整備事業」の費用対効果を報告することなどを求める付帯決議案も可決した。

 関連費用の減額について、市環境経済部は「議会に理解し、予算を認めていただけるよう、説明を重ねたい」とコメントした。

 市議会はこのほか36議案などを可決、新たな副市長に県県西地域県政総合センター所長の星崎雅司氏(60)を充てるなどの人事案2件に同意した。

道の駅に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング