1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 森友文書改ざん問題 県内議員「官僚に責任押し付け」「政治が問われている」

森友文書改ざん問題 県内議員「官僚に責任押し付け」「政治が問われている」

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2018年3月13日(火) 02:00

 森友学園問題を巡り、決裁文書の書き換えが明らかになった12日、国会では県内の野党議員が政権への追及を強める一方、与党議員は表情をこわばらせた。「官僚だけに責任を押し付ける政党ではいけない。その姿を見せる必要があるんじゃないか」。自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長(衆院11区)からも全容解明を求める声が上がり、先行きは見通せない。

 「なぜ断言できるのか」。野党6党による合同ヒアリングで、書き換えは財務省理財局の独断だったという説明に、出席議員からは一斉に怒号が飛んだ。

 「聞けば聞くほど分からない。よく分かったのはフェイク文書、フェイク答弁だったということ」。立憲民主党の早稲田夕季氏(衆院4区)はあきれ返り、社民党の福島瑞穂氏(参院比例)は「政治のすさまじい私物化」と非難した。

 政権の責任を問う声に、政府のスポークスマンは釈明に追われた。菅義偉官房長官(衆院2区)は会見で、官僚の官邸に対する忖度(そんたく)があったと思うかを問われると「あり得ない」と強調した。

 今後の調査で焦点になるのは、首相周辺の関与があったかどうか。通産省OBで民進党の江田憲司氏(衆院8区)は「決裁文書の書き換えは、官僚経験から言ってもあり得ないこと。安倍昭恵夫人の介入がなければ、こんなことは起こらない」と断言。経産省OBで希望の党の後藤祐一氏(衆院比例南関東)も「政治家の不祥事の後始末のため違法行為にまで手を染めさせられ、一部の官僚が責任を押し付けられる。ふざけるな、と言いたい」と語気を強める。

 自民党執行部からも苦言が漏れる。

 「なぜ書き換えが行われたのか、知りたいですよね」。午後7時すぎ。官邸前で行われた抗議デモの声が響く中、党役員の会合を終え記者団に囲まれた小泉氏は、こう言い残して国会を後にした。「これは行政だけの問題ではなく、政治がどう向き合うか、ものすごく問われている。自民党という政党は、官僚の皆さんだけに責任を押し付ける政党ではない」

公文書管理に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング