1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 退職金寄付は「方法論」 村田二宮町長が釈明

公選法抵触指摘受け
退職金寄付は「方法論」 村田二宮町長が釈明

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2018年3月7日(水) 11:33

二宮町議会予算総括質疑で答弁する村田邦子町長=二宮町議会議場
二宮町議会予算総括質疑で答弁する村田邦子町長=二宮町議会議場

 二宮町の村田邦子町長は6日、2月の定例記者会見で公約に掲げていた退職金廃止を問われた際の、供託して職を退いてから寄付するという趣旨の発言が公職選挙法違反にあたる可能性があることについて「他自治体の過去の事例を方法論として説明したもの」と釈明した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

公選法違反に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング