1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 家庭の食品ロス防げ 相模原市、初の回収イベント

生活困窮者へ提供
家庭の食品ロス防げ 相模原市、初の回収イベント

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2018年3月3日(土) 02:00

相模原市役所
相模原市役所

 相模原市は4日、家庭で余っている缶詰やレトルト食品を回収するイベントを橋本台リサイクルスクエア(同市緑区下九沢、北清掃工場向かい)で開く。経済的に苦しい家庭に届ける「フードドライブ」の取り組みで、10日には食べ物を大切にする心を育んでもらおうと中央区内で講演会も開催。食べられる食品が消費されずに捨てられる「食品ロス」を防ごうと、参加を呼び掛けている。

 市資源循環推進課によると、市が主体となるフードドライブ活動は今回が初めて。集めた食品はNPO法人「セカンドハーベスト・ジャパン」(本部・東京)を通じ、市内外の経済的に苦しい家庭に届ける。

 フードドライブは4日午前10時から午後1時(雨天の場合は11日に延期)に開催。同リサイクルスクエアで開かれるフリーマーケット会場内にブースを設ける。回収品目は缶詰、レトルト・インスタント食品、茶・コーヒーなどの嗜好(しこう)品、調味料。未開封で包装や外装が破損しておらず、賞味期限が残り1カ月以上のもの。生鮮食品や瓶詰め食品は対象外としている。

 10日午後1時半からは、相模原市民会館(同市中央区)で「潤水都市の食品ロス削減」をテーマに講演会も開催。市消費生活審議会会長で東京家政学院大学教授の上村協子さんを講師に招き、食品ロスを取り巻く国内外の状況や、各自治体の取り組みについて解説してもらう。参加無料、先着120人。

 講演会の申し込みは市コールセンター電話042(770)7777。問い合わせは市資源循環推進課電話042(769)8334。

食品ロスに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング