1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 本牧海づり施設再開 横浜港シンボルタワーも

本牧海づり施設再開 横浜港シンボルタワーも

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年1月31日(金) 05:00

再開に向けて、被災した護岸の仮復旧が進む横浜港シンボルタワー=横浜港・本牧ふ頭(2019年12月)
再開に向けて、被災した護岸の仮復旧が進む横浜港シンボルタワー=横浜港・本牧ふ頭(2019年12月)

 横浜市は30日、昨秋の台風15号で被害を受け、休止していた横浜港・本牧ふ頭にある「本牧海づり施設」(中区)の営業を31日から再開する、と発表した。ただ桟橋は復旧しておらず、釣りができるのは護岸のみ。

 当面の営業時間は午前7時から午後2時までに短縮する。

 施設は、高波で管理棟などが壊れ、桟橋が海中に落下した。損壊した護岸を整備し、安全性が確保されたという。

 市内の海づり施設は、磯子(磯子区)と大黒(鶴見区)を含む3カ所全てが台風で被災したが、これで全施設が営業を再開することになる。

 同じく本牧ふ頭にある「横浜港シンボルタワー」(中区)も同日から営業を再開する。

こちらもおすすめ

横浜港に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

ニュースに関するランキング

    アクセスランキング