1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 横浜市民が選ぶ10大ニュース 「ベイ日本S進出」1位

横浜市民が選ぶ10大ニュース 「ベイ日本S進出」1位

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2017年12月21日(木) 02:00

ベイスターズが19年ぶりに進出した日本シリーズ。横浜スタジアムも大いに盛り上がった=11月2日
ベイスターズが19年ぶりに進出した日本シリーズ。横浜スタジアムも大いに盛り上がった=11月2日

 横浜市の林文子市長は20日の定例会見で、市民が選んだ今年の横浜10大ニュースを発表した。1位はプロ野球横浜DeNAベイスターズの19年ぶり日本シリーズ進出で、全年代別でトップとなった。2位は林市長の市長選3選、3位は横浜スタジアムの観客席6千席増へ工事着工が続いた。

 林市長は5位に入った全国都市緑化よこはまフェアに約600万人が来場したことが印象に残っているとし、「ベイスターズも含めて、明るくにぎやかなニュースが多かった」と1年を振り返った。

 4位の横浜港でのヒアリ発見、10位の台風猛威による総選挙や横浜マラソンへの影響についても「市民も大変心配したと思うので、印象に残っている」と述べた。

 今回は過去最多となる4221人が投票。11月21日から12月12日までインターネットやはがきで、市があらかじめ選んだ34項目から10項目を選んだ。

 林市長は今年1年を象徴する漢字には「開」を挙げ、「行政の仕事には時間がかかると感じているが、職員や経済界、市民の協力で、これまでやってきたことが花開いてきた。希望を感じられる年だった」と充実感をにじませた。

10大ニュースに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング