1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 維新・串田氏が提出期限守らず 政治資金収支報告書

維新・串田氏が提出期限守らず 政治資金収支報告書

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2017年11月29日(水) 12:10

 日本維新の会の串田誠一衆院議員(比例南関東)の資金管理団体「維新を大きくする会」は、政治資金収支報告書を5月末の期限までに県選挙管理委員会に提出しなかった。

 政治資金規正法で提出が義務付けられており、串田氏は「3月にいったん提出したが『監査人には(研修を受けるなどの)資格が必要』と県選管から不備を指摘された。資格取得を待っているうちに期限が過ぎてしまった」などと説明。8月に提出したという。

 串田氏は弁護士で、2016年の参院選で落選。今年10月の衆院選で初当選していた。維新は公約の一つに「文書通信交通滞在費の使途公開」を掲げ、「政治資金の流れを透明化し、国民の皆さまへの説明責任を果たすため」として、党ホームページで独自に公開している。

政治資金に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング