1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 県営住宅、入居条件を大幅緩和へ 単身者の年齢制限を廃止

県営住宅、入居条件を大幅緩和へ 単身者の年齢制限を廃止

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2019年12月8日(日) 19:27

 低所得者の生活不安の解消に向け、黒岩祐治知事はこのほど、県営住宅の入居条件を大幅に緩和する方針を明らかにした。「60歳以上」としている単身者の年齢制限を廃止し、「県内に6カ月以上」という居住要件も撤廃する。

 住宅セーフティーネットの役割強化と、目立ち始めた空き室の有効活用が狙い。県営住宅条例を改正し、早ければ2020年度中の適用を目指す。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

県営住宅に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング