1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 鎌倉市役所移転反対で市民有志が新団体設立へ

鎌倉市役所移転反対で市民有志が新団体設立へ

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2019年10月10日(木) 11:04

 鎌倉市が計画している市役所本庁舎移転に反対している市民有志が9日、新たに団体を発足させると発表した。14日に市福祉センター(同市御成町)で設立集会を開く。

 準備会メンバーによると、新団体は、深沢地域整備事業用地(同市寺分)への本庁舎移転を阻止するのが目的。移転の是非を問う住民投票を実施するための条例案提出を市議に働き掛けるほか、2021年に控える市議選で移転反対を掲げる候補者擁立などに取り組むとしている。

 団体の前身は、住民投票の実施を目指す市民有志が昨年6月に立ち上げた「市役所移転を問う住民投票の会」。会は昨年11月、直接請求に必要な有権者の50分の1(約3千筆)を超える8270筆の署名を集め、住民投票条例制定を市長に直接請求した。38年ぶりの直接請求となったが、市議会は同月の臨時会で条例案を反対多数で否決した。

市役所移転に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング