1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 発達障害 理解深めて 当事者向け連続講座 川崎

発達障害 理解深めて 当事者向け連続講座 川崎

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2019年9月25日(水) 05:00

 発達障害のある人とその家族向けの連続講座「発達障がい応援キャラバン2019」が10月から来年2月にかけ、川崎市内を巡回して開かれる。周囲から理解されずに悩む本人や、育児に悩む場面も多い家族らに役立ててもらおうと、市発達相談支援センターと同センター利用者の保護者会「りあん」が企画、運営する。参加無料。

 全7回(うち2回分は定員に達し、申し込み締め切り)の講座は各回ごとに申し込みを受け付ける。強いこだわりがあったり、コミュニケーションが苦手だったりする自閉症スペクトラム障害、アスペルガー症候群、集中力や落ち着きがない注意欠陥多動性障害、読み書きや計算が苦手な学習障害などに関する知識や市内の支援体制などを医師や臨床心理士、作業療法士ら専門家が解説する。

 問い合わせは、同センター電話044(223)3304。

 参加可能な回のスケジュールは次の通り。

▽10月 4日午前10時「相談上手な保護者になろう」(高津市民館)
▽10月18日午後 2時「発達障がいについて」(エポックなかはら)
▽11月30日午後 2時「きょうだいから見た発達障がい」(川崎市役所第4庁舎)
▽ 1月24日午前10時「学習障がいについて」(高津市民館)
▽ 2月21日午前10時「社会に出るまでに身につけたいスキル」(川崎市役所第4庁舎)

障害者支援に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング