1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 乳がん検診、踊って啓発 官民連携で動画配信

乳がん検診、踊って啓発 官民連携で動画配信

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2019年9月21日(土) 05:00

イベントで、乳がんの自己触診の振り付けを踊るサラさん(右)ら=横浜市中区
イベントで、乳がんの自己触診の振り付けを踊るサラさん(右)ら=横浜市中区

 横浜市などは、乳がんの自己触診の大切さを伝える動画を、10代や20代に人気の動画SNS「ティックトック(TikTok)」で配信している。TikTokで人気を集めるモデルのサラ・コールディさんらが楽曲とダンスを担当。若い世代に覚えてもらい、患者が急増する40代以上の母親世代に伝えてもらうのが狙いだ。

 市と、TikTokを運営する中国企業「バイトダンス」の日本法人が8月に協定を締結。動画配信はその一環で、10月の乳がん月間に合わせ、市医療局の「医療の視点」の公式アカウントで配信している。

 ダンスは、アップテンポの曲に合わせ、髪やネイルのケアと同様、日常の中で乳がんのセルフチェック(自己触診)を行う振り付けになっており、最後に「大事な人に教えて」と伝える。

 19日には市内で報道陣向けのイベントが開かれ、サラさんがダンスを披露。「親子がコミュニケーションを取ることで、乳がんで苦しい思いをする人が減っていけば」と期待した。

乳がんに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング